キャンドルに関する情報が満載!

アロマキャンドルで癒される

電気が発明してからというもの、照明器具としてのキャンドルやろうそくといったものは本来の機能の為に使われる機会は少なくなり、インテリア的な用途で使われることの方が多くなりました。
ほの暗い部屋の中で輝くキャンドルの炎はロマンティックなムードを盛り上げてくれる効果があります。
ムードを演出するインテリア以外には、ヒーリング効果があるとよく言われています。
電球の光を見ていても特にヒーリング効果やリラックス効果はありませんが、ほの暗い部屋でともされたキャンドルのゆらゆらした小さな炎をじっと見つめていると、煩わしいことも頭から忘却されて無心の境地に入るので、その心理状態を続けることでリラックス効果を得られるということがあるのです。
炎そのものだけではなく、アロマキャンドルの場合は素材に多彩にアロマを使うことでストレス解消や安眠効果などを得られます。
エッセンシャルオイルは違い、火をともすだけで蝋に含まれているアロマの香りが部屋中に充満するので家族全員で使うのも簡単ですし、アロマ初心者向けでもあります。
売り上げを寄付してくれるアロマキャンドルもありますから、リラックス効果を感じながら社会貢献にも繋がります。

火傷しないキャンドル

電球もどんどん進歩していますが、今となっては明るく長持ちするLED電球を使っている家庭も非常に増えているのではないでしょうか。
家庭用の電球以外にも、懐中電灯や老人向けのルーペ、子供向けのおもちゃなどあらゆる場面で使われるようになりました。
LED全盛の時代だからこそ、昔ながらのキャンドルをともして過ごしたい人も多くいることも確かです。
でも、小さな子供がいるとまだ注意力の足りない子供が炎がきれいだから触ってみたくなり、本当に触って火傷をした利することもありますし、普段マッチを使わない大人がうまく着火できずに火傷をしてしまうというトラブルもまれにあります。
これらの危険性がない状態でキャンドルの炎を楽しむには熱くないキャンドルを使えばいいのです。
これは炎の部分がフェイクになっているので触ってもやけどをしないようになっています。
蝋の内部からLEDライトを発光させているのですが、炎のゆらめきが本物のように再現しているので、暗い部屋でつけるとゆらゆらときれいな炎を見ることが出来ます。
フェイクキャンドルも改良が進んで、必要な電池が少なく済むようになっただけではなく、連続使用時間も長くなったのでコストも下がっています。

注目サイト

芸能 専門
信州伊那自動車教習所の雰囲気を覗いてみる
デザイン住宅を群馬で考える

Last update:2017/8/18

Copyright 2015 あったかな光 All Rights Reserved.